読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70-333認定試験、70-417日本語トレーニング資料

 

NO.1 99-4A4A-B1898AFADABC6216%2FUnderstand%2520and%2520Troubleshoot%2520IP%2520Addre
ss%2520M anagement%2520(IPAM)%2520in%2520Windows%2520Server%25208%2520Beta.
docx&ei=5xXWUIzRAsaQhQeUz4GQCg&usg=AFQjCNGh5tHzxwcaU9vXDGmPUgtjfPvhnw&bvm
=bv.1355534169,d.d2k (download.microsoft.com) Understand and Troubleshoot IP Address
Management (IPAM) in Windows Server 8 Beta If you are accessing the IPAM server remotely using
ServerManager IPAM client RSAT, then you must be a member of the WinRMRemoteWMIUsers
group on the IPAM server, in addition to being a member of the appropriate IPAM security group (or
local Administrators group).
Installation Process IPAM Client Although the IPAM client feature is automatically installed on a
Windows Server "8" Beta server, along with installation of the IPAM Server feature, this component
can also be installed or uninstalled on its own. Click through the Add roles and features wizard
screens to select Role or Feature Based Install and the target server. On the Select Features screen,
select Remote Server Administration Tools -> Feature Administration Tools -> IP Address
Management (IPAM) Client. Click Add Features when prompted.
In order for the IPAM client to connect to an IPAM server, you must ensure that the target IPAM
server is added to the Server Manager purview using the Add Servers wizard launched from the
Manage menu. If both IPAM client and IPAM server are running on the same server, then by default
the IPAM
UI connects to the local IPAM server instance.

NO.2 あなたは、Windows Server2012 を実行 している File1 というサーバーを持っています。
File1 は、File Server 役 割サービスを装置しておきます。 あなたは、Microsoft のオンラ゗ ン
バックゕップを使用して共有フォルダをすべてバックゕップすることを計画します。
あなたは、マ゗クロソフト? オンラ゗ン? バッ クゕップ? サービス? エ ージェントを File1 上に
ダウンロードして、゗ンストールします。
あ な た は マ ゗ ク ロ ソ フ ト の オ ン ラ ゗ ン バ ッ ク ゕ ッ プ に デ ー タ を バ ッ ク ゕ ッ プ す る に は 、
Windows Server バック ゕップを使用していることを確認する必要があります。
どうすればいいのですか。
A. サービス コン ソー ルから、Microsoft の オンラ゗ ン· バッ クゕ ップ· サービ ス· エー ジ ェント
の設定のログオンを変更する。
B. Explanation:
Download and install the Windows Azure Online Backup Agent After you create an account on the
Windows Azure Online Backup website, you can download the Windows Azure Online Backup Agent
and install it locally. An Online Backup node then appears in the navigation pane of the Windows
Server Backup console, as shown in Figure 12
If you prefer, you can also configure online backups from the Windows Azure Online Backup console,
which
becomes available after you install the agent. The Windows Azure Online Backup console provides
exactly
the same set of options as the Online Backup node in the Windows Server Backup console.
Register server
The next step is to register your server. Registering a server enables you to perform backups from
that
same server only. (Remember this point for the exam.) To register the server, from the Actions
menu,
select Register Server.
The Register Server Wizard includes two configuration steps. First, you are given an opportunity to
specify
a proxy server if desired. Second, you are asked to provide a passphrase that will be used to encrypt
your
backup data and a location to save this passphrase in a file. You need to provide this passphrase
when you
perform a restore operation, so it's essential that you don't lose it. (Microsoft doesn't maintain a
copy of your
passphrase.) A Generate Passphrase option creates the passphrase for you automatically.
After you register a server, new options for Online Backup appear in the Actions pane, including
Schedule
Backup, Recover Data, Change Properties, and Unregister Server.
3. あなたのネット ワークは contoso.com という Active Directory ドメ゗ンを含みます。ド
メ゗ンには、Windows Server 2012 を実行して いる Server1 と Server2 というサーバーが含ま
れます。Server1 は、IP ゕドレス管理(IPAM )サーバー機能を゗ンストールしておきます。
あなたは、Server2 で IPAM クラ゗ゕントを゗ ンストールします。
展示で示されるように、あなたは Server2 で サーバー? マネージャを開けます。 (Exhibit ボタ
ンをクリックしてください。 )
あなたは、Server2 から IPAM を管理する必 要があ ります。まず何をすべきでしょうか。
A. Server2 で、コンピ ュータの管理を開始し、Server1 に接続する 。
B. Server1 で、IPAM ASM 管理者グループに Server2 コンピュータゕ カウントを追加する。
C. Server2 で、サーバ ーマネージャに Server1 を追加する。
D. Server1 で、 IPAM MSM Administrators グル ープに Server2 コンピ ュータゕカウントを追加す
る。
C. Windows サーバー? バックゕップから、レジスター? サーバー? ウ ゖザードを実行する。
D. コンピュータの管理から、Backup Operators グループに File1 のコンピュータゕカウント
を追加する。
E. コマンドプロンプ トから、wbadmin.exe を実行し、バックゕップを可能にする。
Answer: C

70-417日本語例題 70-417日本語受験対策
Explanation:
In the exhibit, we can see that only one server is managed with Server Manager on Server2 (itself,
as in a
Server, Server Manager always contains at least the server itself):
So we can be sure that Server1 is not added to Server2 ServerManager Console. so if we want to
manage IPAM, we should add Server1 to Server2's Server Manager
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ hh831622.aspx
Step-by-Step: Configure IPAM to Manage Your IP Address Space IP Address Management (IPAM) in
Windows Server@ 2012 is a framework for discovering, monitoring, managing and auditing IP
address space on a corporate network. IPAM provides the following features: Automatic IP address
infrastructure discovery Highly customizable IP address space display, reporting, and management
Configuration change auditing for DHCP and IPAM services Monitoring and management of DHCP
and DNS services IP address lease tracking [...] IPAM security groups The following local IPAM
security groups are created when you install IPAM. IPAM Users: Members of this group can view all
information in server discovery, IP address space, and server management. They can view IPAM and
DHCP server operational events, but cannot view IP address tracking information. IPAM MSM
Administrators: IPAM multi-server management (MSM) administrators have IPAM Users privileges
and can perform IPAM common management tasks and server management tasks.
IPAM ASM Administrators: IPAM address space management (ASM) administrators have IPAM Users
privileges and can perform IPAM common management tasks and IP address space tasks. (that's a
user group, not a computer group) IPAM IP Audit Administrators: Members of this group have IPAM
Users privileges and can perform IPAM common management tasks and can view IP address
tracking information.
IPAM Administrators: IPAM Administrators have the privileges to view all IPAM data and perform all
IPAM tasks.
http://www.google.fr/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&ved=0CDwQFjAB&u
rl=http% 3A%2F%2Fdownload.microsoft.com%2Fdownload%2FF%2F6%2F9%2FF69BE7E8-

NO.3 あなたのネット ワークは contoso.com という Active Directory ドメ゗ンを含みます。ド
メ ゗ンは、Windows Server 2012 を実行して いる Server1 と Server2 という 2 つのメンバサー
バーを含みます。両方のサーバーは、Hyper-V サーバー役割を装置 しておきます。ネットワ
ー ク に は 、 エ ン タ ー プ ラ ゗ ズ 証 明 機 関 (CA ) が 含 ま れ て い ま す 。 す べ て の サ ー バ ー が 自 動
的にコンピュータ証明書テンプレートを基づいて登録されます。
Server1 では、VM1 と いう仮想マシンを使用しています。 VM1 は Server2 に複製されま す。
あなたは、VM1 の複製 を暗号化する必要があります。
あなたは、 どの二つ のゕクションを実行する必要がありますか。 (それぞれの正しい答えは、
ソリューションの一部を示します。2 つ選択してください。 )
A. Server1 で、VM1 が 接続されている仮想ス゗ッチの設定を変更する。
B. Server1 で、VM1 の 設定を変更する。
C. Server2 で、Hyper-V の設定を変更する。
D. Server1 で、Hyper-V の設定を変更する。
E. Server2 で、VM1 が 接続されている仮想ス゗ッチの設定を変更する。
F. Server2 で、VM1 の 設定を変更する。
Answer: B,C

70-417日本語前提条件 70-417日本語クラムメディア
Explanation:
Once you change the Hyper-V Settings of Server 2 to encrypt replications with a certificate, you then
need
to change the replication information of VM1 to use the secure connection.

NO.4 ネットワークに は、 contoso.com という Active Directory ドメ゗ンが含まれています。 ド
メ゗ンには、Windows Server 2012 を実行して いる Server1 と Server2 というの 2 つのメンバ
サーバーが含まれています。
あなたは、 Server1 にロ グオンし ます。 あなたは、 Server2 の IP 構成 を検索する必要がありま
す。
あなたは、Server1 か らどのコマンドを実行する必要がありますか。
A. winrs -r:server2 ipconfig
B. ipconfig > server2.ip
C. winrm get server2
D. dsquery * -scope base -attr ip, server2
Answer: A

70-417日本語合格点 70-417日本語エンジン
Explanation:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd163506.aspx
Using WinRS You can use WinRS to administer a Server Core installation remotely from the
command line. WinRS is a command-line tool included in both Windows Vista and the Full
installation of Windows Server 2008, which relies on Windows Remote Management (WinRM) to
execute remote commands, especially for headless servers. WinRM is Microsoft's implementation
of the WS- Management protocol, a standard Simple Object Access Protocol (SOAP)-based,
firewall-friendly protocol that enables hardware and operating systems from different vendors to
interoperate. You can think of WinRM as the server side and WinRS the client side of
WSManagement. [...]
Using WinRS to Administer Server Core in a Domain The basic syntax for WinRS commands is as
follows: winrs -r:target command where target is the name (NetBIOS or FQDN) of the Server Core
installation that has had WinRM enabled on it, and command is any command string that you want
to execute on the Server Core installation. For example, to use WinRS to enable Remote Desktop
remotely on a Server Core installation named SEA-SC2, type the following command on any
computer running Windows Vista or on a Full installation of Windows Server 2008: winrs -r:SEA-SC2
cscript %WINDIR%\system32\scregedit.wsf /ar 0

JapanCertはIT試験問題集を提供するウエブダイトで、ここによく分かります。最もよくて最新で資料を提供いたします。こうして、君は安心で試験の準備を行ってください。弊社の資料を使って、100%に合格を保証いたします。もし合格しないと、われは全額で返金いたします。JapanCertはずっと君のために最も正確なMicrosoft70-333認定試験に関する資料を提供して、君が安心に選択することができます。君はオンラインで無料な練習問題をダウンロードできて、100%で試験に合格しましょう。

人はそれぞれの夢を持っています。あなたの夢は何でしょうか。昇進ですか。あるいは高給ですか。私の夢はMicrosoftの70-417日本語トレーニング資料に受かることです。この認証の証明書を持っていたら、全ての難問は解決できるようになりました。この試験に受かるのは難しいですが、大丈夫です。私はJapanCertのMicrosoftの70-417日本語トレーニング資料を選びましたから。私が自分の夢を実現することを助けられますから。あなたもITに関する夢を持っていたら、速くJapanCertのMicrosoftの70-417日本語トレーニング資料を選んでその夢を実現しましょう。JapanCertは絶対信頼できるサイトです。

「成功っていうのはどちらですか。」このように質問した人がいます。私は答えてあげますよ。JapanCertを選んだら成功を選ぶということです。JapanCertのMicrosoftの70-417日本語トレーニング資料はIT認証試験を受ける全ての受験生が試験に合格することを助けるものです。この資料はMicrosoftの70-417日本語トレーニング資料のために特別に研究されたもので、受験生からの良い評価をたくさんもらいました。JapanCertのMicrosoftの70-417日本語トレーニング資料を選んだらぜひ成功するということを証明しました。

70-333試験番号:70-333認定試験
試験科目:「Deploying Enterprise Voice with Skype for Business 2015 (beta)」
最近更新時間:2016-11-04
問題と解答:55

>> 70-333認定試験

 
70-417日本語試験番号:70-417日本語トレーニング資料
試験科目:「Upgrading Your Skills to MCSAWindows Server 2012 (70-417日本語版)」
最近更新時間:2016-11-04
問題と解答:137

>> 70-417日本語トレーニング資料

 

一日も早くMicrosoftの70-333認定試験に合格したい? JapanCertが提供した問題と解答はIT領域のエリートたちが研究して、実践して開発されたものです。それは十年過ぎのIT認証経験を持っています。JapanCertは全面的な認証基準のトレーニング方法を追求している。JapanCertのMicrosoftの70-333認定試験を利用した大勢の人々によると、Microsoft70-333認定試験の合格率は100パーセントに達したのです。もし君が試験に関する問題があれば、私たちは最も早い時間で、解答します。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.japancert.com/70-417J.html